副業でFXをするときの税金対策を解説

FXの利益はどのような扱いになるのか?

最近ではサラリーマンの副業としてFXが注目されていますが、利益を出すと課税対象所得になります。
利益は雑所得として扱われ、別に収入があれば年間で20万円以上になると確定申告が必要です。
しかし、経費があれば申告すると課税対象所得から控除され、初心者であれば税務署に相談するとアドバイスをしてもらえます。

このため、利益が出れば課税されるため金額が大きくなると税率も上がり、出金するタイミングを正しく決めることが大事です。

海外の業者はハイレバレッジの取引ができますが、大きい利益を出した場合には税率が上がる傾向があります。
また、詐欺の勧誘もあり怪しい内容であればすぐに税務署に相談し、アドバイスを参考にしてトラブルに巻き込まれないようにすることが重要です。

出金拒否などのトラブルを防ごう

海外の業者を利用するときは利益を出しても出金拒否などのトラブルがあり、入金した金額をそのままだまし取られてしまうこともあります。
FXで課税対象になる金額は出金したタイミングになり、損失は計上されないためこのようなトラブルが起きると要注意です。

このようなトラブルを防ぐためには口コミや評判などを参考に、信頼できる業者を選ぶようにしないといけません。
海外の業者はサポートが日本語対応でないと問い合わせや相談ができず、このようなトラブルが起きやすくなります。

FXを副業としてするときは税金対策をしないと損をすることになりますが、出金拒否などのトラブルにも対処することが大事です。
詐欺が起きないようにするためには資金管理の方法や業者の会社概要や連絡先を確かめ、きちんと明記されているか確認して選ぶ必要があります。

経費があれば申告をしよう

FXをするためには知識がないと厳しく、付けるためにセミナーや情報商材を利用すると便利です。
セミナーや情報商材は有料の場合もありますが、確定申告をすると経費として扱われます。また、自動売買ツールなどを使うと便利で、領収証があれば経費として扱えて便利です。
しかし、有料の情報商材や取引ツールを購入するときは詐欺が発生しやすく、返金保証制度があるか確かめる必要があります。

経費があるときは確定申告で領収証を提出すると課税対象所得から控除され、支払う金額を減らせるようになって便利です。
FXを副業でするときは税金の仕組みを確かめ、少しでも多くの利益を確保できるようにすると効果があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする